2022年10月13日、スズキが国内で販売する原付二種スクーター・新型「アドレス125」を発表しました。

 

【アドレス125】2023年新型モデルが発売!2022年モデルと比較!8

 

そこで、今回は2021年9月に生産終了した「アドレス125」2022年モデルと新型「アドレス125」2023年モデルを比較してみました。

 

是非、最後までご覧ください。

 

 

【アドレス125】2023年モデルを画像と動画で確認

 

まずは、新型アドレス125・2023年モデルを画像と動画で見ていきましょう~

 

では、画像から

 

【アドレス125】2023年新型モデルが発売!2022年モデルと比較!

 

【アドレス125】2023年新型モデルが発売!2022年モデルと比較!2

 

【アドレス125】2023年新型モデルが発売!2022年モデルと比較!3

 

【アドレス125】2023年新型モデルが発売!2022年モデルと比較!4

 

【アドレス125】2023年新型モデルが発売!2022年モデルと比較!5

 

 

今までのアドレスシリーズのよりも少しレトロ調に仕上げた感じですかね。

 

アドレスと言えば、通称『通勤快速』と言われていたスポーティーなスクーターでしたが、ちょっとイメージが変わりましたね。

 

続いて動画も見ていきましょう~

 


ヨーロッパの街並みはとても合うデザインですね~

 

 

【アドレス125】新型2023年モデルと旧型のスペックを比較

 

新旧のスペックを比較しました。

 

新型アドレス125 旧型アドレス125
全長 1825mm 1900mm
全幅 690mm 685mm
全高 1160mm 1135mm
ホイールベース 1265mm 1285mm 
最低地上高 160mm 120mm
シート高 770mm 745mm
車両重量 105kg 109kg
エンジン 空冷4ストSOHC2バルブ単気筒 空冷4ストSOHC2バルブ単気筒
最高出力 6.4kW(8.7PS)/6750rpm 6.9kW〈9.4PS〉 / 7,000rpm
最大トルク 10.0N・m(1.0kgf・m)/5500rpm 10N・m〈1.0kgf・m〉 / 6,000rpm
燃料タンク容量 5.0L 6.0L
タイヤサイズ(前・後) 90/90-12 44J ・90 /100-10 53J 90/90-12 44J ・ 100/90-10 56J
ブレーキ形式(前・後) 油圧式シングルディスク・機械式ドラム 油圧式シングルディスク・機械式ドラム
燃費 51.0km/L 52.0km/L
製造国 インド 中国

 

 

新型アドレス125は燃費が少し良くなってますが、その分パワーも少し落ちてますね。

 

製造国も中国からインドに変わってますね。

 

 

【アドレス125】新型2023年モデルと旧型の装備を比較

 

新型アドレス125 旧型アドレス125
スズキイージースターター
コンビブレーキ 有(CBS)
ヘッドライト LED ハロゲン
給油口 テール シート下
リアキャリア オプション 標準装備
シート下ホルダー ストッパー付
USB電源 5V2A
燃料計 デジタル アナログ

 

【アドレス125】2023年新型モデルが発売!2022年モデルと比較!6

 

【アドレス125】2023年新型モデルが発売!2022年モデルと比較!7

 

装備を見てみると、新型はかなり充実してきましたね。

 

その分、価格も上がってますけどね。

 

ただ、給油口がテールになったことで、トップケースの装着をして給油は可能なのかちょっと心配ですね...

 

【アドレス125】2023年新型モデルが発売!2022年モデルと比較!4

 

 

【アドレス125】新型2023年モデルの発売日と価格は?

 

 

新型「アドレス125」2023年モデルの発売日は2022年10月18日です。

 

今回発表された新型「アドレス125」は、もともとインドで「アクセス125」として2019年12月に発売された、海外のヒットモデルでした。

 

国内での販売価格は?

 

273,900円(税込)です。

 

旧型は225,500円(税込)だったので48400円高くなってますね。

 

 

 

【アドレス125】新型2023モデルの世間の評価は?

 

新型アドレス125の世間の評価をまとめてみました。

 

個人的には、同時発売のアヴェニス125の方が良いが…

12インチのタイヤは歓迎するが、やはりコンビブレーキよりフロントだけでも良いからABSにして欲しかった。

 

現状、原付二種は全体的に需要があるから、優先的に生産&販売するのだろうと思われる。
でも、このニューモデル、ちょっと違和感がある(アジア臭がする)。
個人的には前モデルのデザインが好みだった。

 

ヘッドライトが東南アジア好みですね。彼の地ではこれが良いのでしょう。アドV最速伝説は過去の話ですね。

 

アドレスの名が残るのは素直に嬉しいけど、v125gの時代から考えると全く別物になってしまいましたね。

デザインも微妙だが、給油口がリアに有るのが駄目。
トップケース装着ができない時点で候補から外れる。

最近のは殆どのメーカーがキックスターター付けてないから、コイツはバッテリーが弱ってきた時に良いと思うわ。

と、旧いタイプのオヤジが言ってみた。

値段といい、デザインといい、去年買っといて正解だった件。。。

アドレスの通勤快速度が気になります。
見た目は初代ジェンマを意識したのかな。

 

これだけパワーが下がっちゃうとアドレスの名が泣きます。

 

 

【アドレス125】2023年新型モデルが発売!2022年モデルと比較! まとめ

 

以上、今回は『【アドレス125】2023年新型モデルが発売!2022年モデルと比較!』についてまとめてみました。

 

スズキ・アドレスと言えば「通勤快速」と呼ばれ、その出だしと加速に定評がありましたが、新型アドレス125はパワーダウンしていることから街乗り使用にかわってしまいそうですね。

 

デザインも最近流行りのネオレトロを意識したんでしょうかね。

 

価格も値上げしたとはいえ、それでも30万円をきる価格設定なのでお買い得かもしれませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事