先日、愛知県知多市の住宅で520万円で購入したCBX400Fが盗難されたことがニュースになってましたね。

 

CBX400Fの新車価格は当時いくらだった?中古の価格がすごいことに

 

最近のバイクブームで中古バイクの相場も異常なぐらい価格が高騰している車種もありますが、正直、CBX400Fが520万円とはちょっと驚きでした。


と、いうことで今回はCBX400Fの

 

スペックは?

 

当時の新車価格は?

 

中古相場は?

 

などを調査してみました。

 

是非、最後までご覧ください。

 

 

CBX400Fのスペック

CBX400Fの新車価格は当時いくらだった?中古の価格がすごいことに2

 

CBX400Fは本田技研工業(株)が世界初のインボード ベンチレーテッドディスクブレーキなど、数々の新技術を採用し1981年11月17日に発売されたバイクです。

 

発売されてからすでに約40年以上たっているんですね。

 

まずは、改めてCBX400Fのスペックを紹介します。

 

型式 NC 07
全長 2060mm
全幅 720mm
全高  1080mm
軸距  1380mm
最低地上高 140mm
シート高  775
車両重量 189kg
燃費 40km/L(60km/h定地走行テスト値)
エンジン 空冷4サイクルDOHC4バルブ4気筒
総排気量 399cc
最高出力 (PS/rpm) 48/11,000
最大トルク (kg-m/rpm) 3.4/9,000
キャブレター型式 VE50A
燃料タンク容量 17L
潤滑油容量  3.0L
タイヤサイズ(前) 3.60 H18-4PR
タイヤサイズ(後)
4.10 H18-4PR
ブレーキ形式(前後) 油圧式ディスク(インボード・ベンチレーテッドディスク)
フレーム形式 ダブルクレドール

 

 

CBX400Fの新車価格

 

それではCBX400Fが発売された当時の新車価格を紹介します。

 

ソリッドカラー仕様車 470,000円
ツートンカラー仕様車 485,000円

 

 

今販売しているCB400が884,400円~なので、それと比べるとCBX400Fは470,000円~の約半額ぐらいなのでかなり安く感じますね。

 

しかし、当時と今の大卒の初任給を比べてみると

 

  • 1981年⇒約12万円
  • 2022年⇒約21万円

 

なので大学の初任給も約倍ぐらいの開きがあるので価格設定は今と変わらず高額のバイクだったことがわかりますね。

 

 

CBX400Fの中古相場

 

盗難されたCBX400Fが520万円だったというニュースおどろきましたが、実際にヤフオクでCBX400Fがいくらで出品されているのか調査してみました。

 

即決価格で出品されていたCBX400Fを紹介します。

 

年式 走行距離 価格
1982年12月 記載なし 3,200,000円
1982年11月 17056km(メーター読み) 2,500,000円
1983年 500km(OH後) 3,000,000円
1982年 記載なし 3,050,000円
記載なし 12779km(メーター読み) 3,111,580円
記載なし 698km(メーター読み) 3,523,300円
1982年1月 2000km(OH後) 4,500,000円

 

ざっと取り上げてみましたが、約40年前のバイクなのでメーターが交換されていたり、エンジンもオーバーホールされていたりするので実際の走行距離がわからない車体が多いですね。

 

出品価格は約250万円~350万円前後が相場のようで、その価格帯の車両はカスタムされている車体もありますが、程度はよさそうでした。

 

ただ、500万円を超える車体はヤフオクではありませんでした。

 

旧車ブームではありますが、個人的にはCBX400Fに250万円はなかなかだせませんね~

 

 

CBX400Fの新車価格は当時いくらだった?中古の価格がすごいことに まとめ

 

以上、今回は『CBX400Fの新車価格は当時いくらだった?中古の価格がすごいことに』についてまとめてみました。

 

まとめ
  • CBX400Fは1981年11月17日に販売
  • 当時の新車価格は47万円~
  • ヤフオクでの相場は250万円~350万円前後

 

34、5年前にはCBX400Fがこんな高額になるなんて想像もできませんでしたね...

 

今回、愛知県で盗難されたCBX400Fも持ち主の所に戻ってくる事を願うばかりです。

 

同じバイク乗りとして盗難した犯人は許せませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おすすめの記事