こんにちは。

 

今年でハーレーのスポーツスターXL883に乗り始めて10年になります。

 

キリの良いタイミングですので、ここでもう一度ハーレースポーツスターXL883について振り返ってみたいと思い、ブログの記事にしてみました。

 

ハーレースポーツスターXL883に10年乗り続けた率直な感想

 

これからハーレースポーツスターXL883を買おうとしている方の参考になれば幸いです。

 

是非、最後までご覧ください。

 

 

ハーレースポーツスターXL883の良かった点

 

まず、883を購入した理由の一つに、ハーレーはバイクに詳しくない人でも名前だけは知っている人も多く、とりあえずハーレーに乗っていればスゲ~と周りから思われるんじゃないかな~みたいな不純な気持ちからでした。(笑)

 

実際によく言われたりしますね。

 

そこで、ハーレーと言っても種類(ファミリー)がいくつかあり、何百万円もするタイプもある中で883が一番お手頃だったからです。

 

特にこだわりもなく、ハーレーに無知だったため。(笑)

 

私の883は2004年モデルですが、883は2006年モデルからキャブレターからインジェクションに変更されたため、どうしてもキャブ車に乗りたかったのでここはこだわりました。(笑)

 

オークションで今の883の購入に至りました。

 

そんな軽い感じでの購入だったので、すぐに次のバイクに乗り換えると思いきや10年乗り続けています。

 

自分の生活スタイルに883が合っていたから長く乗り続けているのだと思います。

 

長く乗れば乗るほど愛着もわいてきますしね。

 

人それぞれ十人十色でバイクの好みの違いはあると思いますが、883は乗っていて楽しいバイクだと思います。

 

まず、何と言っても音がいい。

 

勿論、国産バイクには沢山良いバイクがありますが、音に関してはハーレーの右に出る者がないと思ってます。

 

それに心地よい鼓動

 

バイクは肌に直接感じる乗り物なので、乗ってる感って必要ではないかと思います。

 

特に、高速道路でほどよいスピードでの走行は気持ち良さを感じられると思います。

 

ただし、カットビたい人には向いてませんね。(笑)

 

883はハーレーの他のファミリーより車体が小柄で排気量も小さいのでダイナミックなハーレーをイメージしている人には物足りなさを感じるかもしれませんが、日本の道路事情だったり、駐輪場の問題なんかを考えるとスポーツスターのサイズ感はちょうど良いと思います。

 

 

ハーレースポーツスターXL883の悪かった点

 

基本的に883は.自分の生活スタイルに合った良いバイクですが、苦労した点もいくつかあります。

 

883はハーレーの中では一番小柄なタイプと先ほど書きましたが、スタイルが細身のため余計にそう感じるのだと思います。

 

あくまでもハーレーの中で一番小柄なだけで、実は、国産車と比べるとそれほど小さくなく、むしろ大きいと思います。

 

例えば、スポーツスターはアメリカンというよりもネイキッドに近いタイプなので、カワサキのW800とくらべてみます。

 

スポーツスターXL883

全長2260x全幅830x全高1140x  車重260kg

カワサキW800

全長2180x全幅790x全高1070 車重216kg

 

数字で見るとスポーツスターの大きさがわかると思います。狭い駐輪場などでの取り回しにちょっと苦労する時もあり、特に苦労したのが車重260kgの重量級ってところです。

 

バイクの保管場所が坂の上にあるのですが、その時バッテリーの電圧が弱く、セルでかかりそうになかったので坂道発進で始動させようと思い50mぐらい下りながら何度か試みたものの始動せず、結局保管場所まで二人で押す羽目になり(250ccクラスのバイクなら一人いける程度の坂道)二人共クタクタになり、その時なんてクソ重いバイクなんだと嘆きました。

 

それと、ハーレーは外車なのでパーツが国産車と比べるとちょっと高いと思います。

 

例えば、国産車なら千円前後で買えるゴムのホースが何千円もすることはざらです。

 

 

ハーレースポーツスターXL883を買う前の自分にアドバイス

 

これまでハーレースポーツスターXL883に10年乗り続けてきての率直な感想を簡単に書いてきましたが、もし購入前の自分に伝えることが出来るとすれば、

 

ハーレーは丈夫でそんなに壊れないよ

 

ですかね。

 

  • ハーレーはすぐ壊れる
  • 走行中にボルトが緩む
  • 修理代が高い

 

とかネガティブな意見も耳にすることもあったので購入することに正直、不安ではありました。

 

年式や個体差でその様なこともあるのかもしれませんが、少なくとも2004年式のスポーツスターは壊れたり、走行中にボルト類が緩む事はなく、片道500km以上のツーリングも何度もこなしています。

 

ただ、修理代が高いは先ほど書きましたが国産車よりパーツ代が高めなのでしかたありませんね。

 

ハーレースポーツスターXL883に10年乗り続けた率直な感想 まとめ

 

以上がハーレースポーツスターXL883に10年乗り続けた率直な感想になります。

 

人それぞれ好みがあるとは思いますが、私的にはハーレースポーツスターXL883は良いバイクだと思いますね。

 

同じ883でも年式、エンジンの型式等で感じ方の違いはあると思いますが参考になれば幸いです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

おすすめの記事